たかだブログ

なんかしたら書くブログ

けーさん

私が尊敬する会社のKさんは仕事が丁寧だし効率もいい仕事の仕方をしています。

 

あと、皆は社内のことしか気にしていないのに、Kさんだけは社外の人のことを気にして仕事をしています。

 

納品したときにわかりやすいようにこういうのつけとくといい

とか

これだと見やすいから〜

とか

ああ、Kさんは最高の仕事の仕方だな〜と感じます。

こういう人がいるのをみると社会に出ているのがありがたいな〜と思います。

 

本来は社外の人からの評価を気にして仕事をするべきなのに、何故社内の人の評価が一番になってしまうのだろうと転職3回目の私は思うのです。

私も社内の評価を気にしがちですが、そんなの気にしなくてもいいのかもしれないと最近思うんです。

ほんとに気にしないといけないのは、発注者の人の評価であり、社内ではないので、目の前の仕事をきちんとやろうと今日は色々目にして思いました。

 

どの会社にいっても社内での問題が多くて、あいつはああいうやつだからみたいな話ばっかりしているのが多いけど、そんな話をしている場合ではないと思ったりするわけです。

 

男社会は蹴落としとか陰湿なのがほんとに多い。

 

仕事は全然できないですが、私もKさんのように仕事をしたいと思いました。

今はKさんと仕事するいい機会だからいっぱいメモをとろう〜

 

お仕事に人生の重きを置いてないけど、ああいう人が近くにいるのは素晴らしいなーと思って仕事がんばろーって思えるな〜

 

私の仕事は目立たない仕事で、汚れるし、力仕事多いし、目に木くず入るし、有機溶剤とか使うから体にちょっと悪い面もありますが、ああいう人に出会えたのは嬉しいな〜

 

明日もお仕事がんばろー